歌のレッスンへ

先日、約一ヶ月ぶりに歌のレッスンへ行ってまいりました。

;Landliches Lied (Robert Schumann)
;Herbstlied (Klingemann)
;あじさいの雨
;STABAT MATER(Pergolesi)3、12

;海と涙と私と
;地球の仲間
;雪の街と(愛する歌、やなせたかし、木下牧子)

少しでもちゃんと毎日練習しておかねばなりませんね。

喉がおかしいです。鍛えなきゃ。

最近はSTABAT MATERがお気に入りです。
悲しみの聖母、という意でちょっと切ないメロディ。
上手に歌えるようになりたいです。

お歌のレッスンへ

久しぶりにおうたのレッスンに行ってまいりました。
6月に開催される合唱祭の曲目の候補をきめました。
今回はメンバーそれぞれの事情で練習に費やす時間が短いため
過去に習ったお歌でまだ合唱祭の舞台に出してないものを。
やなせたかし氏の愛する歌のシリーズになりそうです。
やさしくて、かわいくて、せつなくて、ストーリーのあるお歌です。
久しぶりにこの曲を歌ったのと、久しぶりに思いっきりうたう事ができて
やっぱりうたっていいな~と再確認しながらちょっと涙が出そうになりました。